2014年02月22日

InDesign CS6からiBookstore用のepub3にカスタマイズしてみた

 InDesign CS6から書き出してSigilで編集した後のepubを今度はiBookstore用に作り直してみた。iBookstoreの場合は、Kindleのようにツールで変換すればいいというわけにはいかない。epubを解凍して中身のファイルを編集する必要がある。編集してepubに戻してepubchekで確認してエラーが出なければiBookstoreに申請できる。iBookstoreも申請時にSS-4の番号が必要だが、それ以外はとくに必要なものはApple IDだけだ。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign CS6からepub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






2014年02月20日

InDesign CS6からKindle用epubを作成してみた

 iBookstoreのepubはけっこう複雑だが、アマゾンのKindle用のmobiファイルの作成は簡単だ。Kindleにはepubを放り込むだけでmobiファイルに変換するというKindle Previewerという強力なツールがある。InDesignからepubを書き出してKindle Previewerで変換すればよい。あとは変換前のepubを微修正するだけである。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign CS6からepub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






2013年12月16日

青空文庫テキストをInDesignタグ変換でユニコードで処理する

 青空文庫テキストの置換は、最初は通常の検索置換と複数一括置換と組み合わせで行っていたが、正規表現での改行は「\n」で可能だったので、ワークフローを作り直した。改行の削除は見出し文字の前後と、段落の冒頭の空白スペースの削除で使うので、それらは「\n」の正規表現検索に変更した。見出しは改行と見出し文字列を検索して、同じ文字列を改行のみを削除して置換する。それで全体の置換ステップは8回になった。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignタグで青空文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。