2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本2-2 Distillerで貼り込むときのトリミングの方法

DistillerのPDFは「境界線ボックス」と「メディア」が基本

 Acrobatで作成したPDFをInDesignに貼り込むとき、貼り込み方は三種類あります。Acrobatで作成するときはすべて一旦 PostScriptファイル化されていますので、いずれのアプリケーションから作成しても、InDesignのトリミング認識は同じものになります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-1 PDFの貼り込み方は[読み込みオプション]で使い分ける

InDesignがPDFを認識するサイズにはいくつもの種類がある

 PDFがいままでのファイルフォーマットと異なるところは、PDFのサイズにいくつもの種類があることでしょう。一般のアプリケーションでは、モニタで確認したサイズがほぼそのままドキュメントサイズになりますが、PDFには複数のドキュメントサイズがあるのです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-4 OpenTypeフォントもPDF書き出しで埋め込みできる2

フォントを埋め込まないPDFをデータ書き出しする

 OpenTypeを使いながら、フォントを埋め込まないPDFをInDesignに貼り込んだとき、InDesignのデータ書き出しではPDFを書き出すことができるでしょうか。ここでもIllustrator 9.0からフォントを含めないで保存したPDFと、Distillerでフォントを含めないで保存したPDFについて検証してみましょう。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-4 OpenTypeフォントもPDF書き出しで埋め込みできる1

OpenTypeの種類と書き出し方の違い

 PDFで扱うフォントフォーマットには、OpenTypeフォントもあります。OpenTypeフォントは、ユニコードに対応し拡張された字形を持っていますが、Macintoshで利用するときは、ATM 4.6.2が必要となります。その場合は、フォントはOS固有のエンコーディングを持つフォントとして扱われることになります。したがって、OSやATM の制限の中でOpenTypeを利用する場合は、ほとんど価値がありません。OpenTypeの拡張された字形を使うのであれば、InDesign上で利用しなくてはなりません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか2

Distillerで埋め込まないOCFをInDesignに貼り込む

 もう一つのPDFのOCFフォントは、Distillerで保存したフォントです。DistillerでもOCFは埋め込まないまま扱うことができます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか1

埋め込みできないOCFは差し替えられるか

 すでにフォントが埋め込まれているときはともかく、埋め込まれていないフォントや埋め込みできないフォントはどのように扱われるのでしょうか。そして、埋め込まれなくても、出力されるでしょうか。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-2 埋め込まれないフォントもPDF化では再埋め込みされる2

Illustrator 9.0の埋め込まないPDFを貼り込む

 Illustrator 9.0では、PostScript CIDは「83pv」で、TrueTypeは「90pv」で書き出されるので、外字が文字化けするわけではありません。また字体切り換えの文字も再現されています。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-2 埋め込まれないフォントもPDF化では再埋め込みされる1

埋め込まれていないフォントはPDFで再埋め込みできる?

 InDesignにPDFを貼り込むとき、フォントを埋め込んでいないPDFがあったとします。たとえば、Illustrator 8.0で保存したPDFはフォントを埋め込むことができませんし、Illustrator 9.0や10.0でも、埋め込まない設定でPDFを保存することができます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-1 フォントを埋め込んだPDFを貼り込むのが原則

埋め込まれたフォントは埋め込まれたままPDF化できる

 InDesignにPDFを貼り込むとき、フォントは埋め込むのが原則です。PDFに埋め込まれているフォントは、InDesignに貼り込んでも埋め込まれたまま扱われます。そのInDesignのドキュメントからもう一度データ書き出しでPDF化したとき、埋め込まれたフォントは埋め込まれたままになります。続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。