2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する2

インキ管理で特色をCMYKに変換してPDFにする

 ドキュメントにDICカラーなどの特色を利用しているとき、出力ではCMYKに変換して出力することが少なくありません。RIPで変換できることもありますが、PDF化するときに変換しておく方が確実です。InDesignのPDF書き出しでは、ドキュメント中の特色をCMYKに変換してPDFを作成できます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する1

カラーは変換せずCMYKのまま書き出す

 PDF書き出しで印刷用のカラーのコンポジットPDFを作成するには、まず、CMYKのデータはCMYKのままで書き出される必要があります。確実に CMYKの数値でPDF化するには、カラー設定をオフにすることです。カラー設定がオフになっていれば、CMYKのカラーが変更されることはありません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-3 ページ数で変わるトンボと断ち落としの設定

単ページや見開きのまま出力するときはトンボを付ける

 InDesignでトンボを付けた状態でPDFを作成するケースは、単ページのドキュメントや見開きのみのドキュメントの場合です。A4やB4のリーフレットなどをInDesignで作成するのであれば、トンボを付けてPDF書き出しすることも有効です。トンボが付いていれば、そのまま分版して出力することができます。ただし、マルチページで面付けを必要とする場合は、トンボは付けません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-2 印刷用のPDFでは圧縮はしない方がよい2

画像ボックスでマスクするときはフレームにクロップする

 最後にある「画像データをフレームにクロップ」というのは、画像ボックスのフレームでマスキングされた部分を切り抜いてPDFを作成するかどうかを決めるものです。ここをオンにすると、画像データのフレームの外にある画像は切り抜かれることになります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-2 印刷用のPDFでは圧縮はしない方がよい1]

「自動」で圧縮すると画像はJPEG圧縮される

 印刷用のデータは、基本的には圧縮しない方が確実です。圧縮せずにすむのであれば、圧縮しないに越したことはありません。といっても圧縮しなければ、膨大なファイルサイズになってしまうことがあるので、便宜上圧縮しているわけです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-1 PDF書き出しの一般設定では「Acrobat 4.0」互換を選択する

PDF書き出しを行う前に[プリフライト]でチェックする

 InDesignから印刷用のPDFを作成するには、基本的にスタイルの[プレス]を選択して作成すればいいことになります。ほとんどの場合は、この設定のままで書き出せばいいでしょう。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-5 InDesignで書き出したPDFを貼り込むときのトリミングの方法

ブリードを含むPDFをInDesignに貼り込み[トリミング]する

 InDesignからPDF書き出ししたPDFを、もう一度InDesignに貼り込むとき、二種類のPDFに考えることができます。二種類というのは、トンボを付けたPDFとブリードを付けたPDFです。InDesignのトンボを認識するのか、ブリードを認識するのかが、どの「トリミング」設定なのかということがわかれば、InDesignのPDFは簡単に使い分けて貼り込むことができます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-4 Illustrator 8のPDFを貼り込むときのトリミングの方法

Illustrator 8PDFを貼り込むときは「アート」は選択不可

 Illustrator 8のPDFをInDesignに貼り込むことはあまりないと思われます。Illustrator 8では日本語フォントを埋め込めませんし、OpenTypeフォントも利用できません。もしIllustrator 8のドキュメントをPDFにしてInDesignに貼り込むのであれば、Illustrator 9.0やIllustrator 10で開き、そこからPDF保存した方がいいかもしれません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-3 Illustrator PDFを貼り込むときのトリミングの方法2

トンボを付けたIllustrator 10 PDFの貼り込み

 さてIllustratorでは一般にトリムマークを付けることが多いのですが、InDesignにPDFとして貼り込むときには、トンボを付けることも選択肢のひとつです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-3 Illustrator PDFを貼り込むときのトリミングの方法1

トリムマークを付けたIllustrator 10 PDFの貼り込み

 DTPで利用するDistiller以外のPDFには、Illustratorで保存したPDFとInDesignで書き出したPDFがあります。ここではIllustratorのPDFを見ていきましょう。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。