2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本4-4 索引のハイパーリンクはAcrobatで処理する2

索引を作成するときに注意することとは

 索引を作成するときに注意しなければならないことは、目次を作成した後、索引を作成すると、目次のテキストが索引のテキストに差し変わってしまうことがあることです。これは[索引を置換]すると起こります。また逆に索引を作成してから[現在の目次を置換]すると索引が目次とすり替わってしまうようです。おそらく内部的にプログラムを流用している部分があって、正しくいかないのかもしれません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-4 索引のハイパーリンクはAcrobatで処理する1

[新規ページ参照]して索引を自動作成する

 InDesignでは単語を索引として登録しておけば、索引を自動生成できます。ただし残念ながら、現在のバージョンでは、索引の自動生成は可能でも、Acrobat上でリンクが動作しません。リンク設定は行われているのですが、リンク先の指定が正しくないようです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク3

目次にリストされる順番はテキストの位置で決まる

 一つのページに複数の目次テキストがあるとき、目次スタイルに反映する順番にはルールがあります。これがルール通りになっていないと、「トピック見出し」の上の行に「大見出し」が生成してしまうことになります。文字テキストの順番は、テキストボックスの位置で決まります。テキストボックスの一番左側にあるものから拾っていくのです。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク2

マスターページオブジェクトは目次にはならない

 目次を作成するのは、段落スタイルを使った設計ができていればそれほど難しくありません。といっても、いくつかの点で注意しなければならないことがあります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク1

レイアウトメニューの[目次]で目次をつくるとしおりになる

 InDesignでスクリーンブラウズ用にPDFを作成するときに、たいへん便利な機能は目次機能でしょう。段落設定を適用したテキストを、目次として並べる機能はそれほど珍しくはありませんが、そのままPDF書き出ししたとき、目次がそのままPDFの「しおり」になり、目次からもページリンクが設定されるのは一度使うと手放せない機能です。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-2 手動で作成するハイパーリンクの設定2

ページ共通のリンクはマスターページに設定する

 ハイパーリンクを一つ一つ付けるのは、手間がかかります。もし複数のページに同じハイパーリンクを付けるときは、マスターページ上で行います。マスターページにあるハイパーリンク設定は、PDF書き出ししたとき、正しくPDFに反映されます。たとえば全てのページに目次や索引へのリンクを付けたいときは、基本となるマスターページを一つにしておきます。つまり全てのマスターページが一つの親マスターページを基準ページとして選択していれば、すべてのページに一括してリンクを作成できます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-2 手動で作成するハイパーリンクの設定1

ハイパーリンクパレットではまず[新規ハイパーリンク先]を設定

 InDesignのハイパーリンクは、ハイパーリンクパレットで行います。ハイパーリンクすると、PDF書き出ししたときにPDFにリンクが設定されます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-1 InDesignでするブラウズ用PDFの書き出しで必要なこととは2

スクリーンブラウズのためのPDF書き出しの設定

 スクリーンブラウズのためのPDF書き出しの設定では、基本的に[スクリーン]を使えばいいことになりますが、いくつかの点で注意することがあります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-1 InDesignでするブラウズ用PDFの書き出しで必要なこととは1

ドキュメント上でしおりやリンクを付けてPDF化する

 InDesignでドキュメントを作成するメリットには、スクリーンブラウズ用のPDFの作成が容易だということががあります。ドキュメント上で、スクリーンブラウズに必要な設定を行えるのです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する3

OPIを利用する場合は[OPIを無視する]

 [OPI]はレイアウトソフトに低解像度画像を貼り込み、RIPで出力するとき、高解像度の実画像に差し替えて出力するやり方です。画像の多い大容量のデータを出力するときの方法として、レイアウト作業では低解像度を貼り込むのです。ただし、低解像度画像はOPIサーバで作成したOPIコメントを含む画像ファイルを使用しなければなりません。続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。