2012年06月25日

InDesign CS6の代替レイアウトでiPhoneからiPadレイアウトを作る

 iPhone用に作成したInDesignのレイアウトを、InDesign CS6の代替レイアウトを使って作成してみた。InDesign CS6を実際にレイアウトの作成で使うのは今回が始めて。具体的にレイアウトを作成してみないと使い心地はわからない。InDesign CS6の最大の目玉機能は代替レイアウトだと決めつけているので、マスターするには使ってみるしかない。

  さて、InDesign CS6だが、IntelのCore 2 Duoの2.16という古いスペックなのにけっこう動作は速い。今回のレイアウトはまずレイアウトがシンプルな「印刷営業、明日はどっちだ」で行った。iPhonサイズで300〜400ページくらいあって、これを代替レイアウトでiPadサイズに転用した。

 もともとInDesign CS3で作成していたが、CS6で開いて使うことにした。上位バージョンで開く分にはそれほど問題はないだろう。ただし、なぜか「ITC New Baskerville Italic」だけ認識しなかった。Fontsフォルダに移動させたはずなのに。とりあえず「Baskerville SemiBold Italic」で代替した。

 代替レイアウトはレイアウトメニューの[代替レイアウトを作成]で作成するか、ページパネルからオプションで[代替レイアウトを作成]する。ページパネルのオプションからも作成できるが、[ページ]からオプションで作成する方がわかりやすい

120625-01.gif
*既存レイアウトの名からオプションを開く。代替レイアウトを使うと、複数のレイアウトが縦に並んで配置される。


 [代替レイアウト]のウィンドウで代替レイアウトのページサイズを指定する今回はiPadサイズのレイアウトを作成するので[ページサイズ]で「カスタム」を選択して幅と高さを入力する。そして[名前]をつけておく。一度作成すると、[ページサイズ]から選択するだけになる。

120625-02.gif

   ↓

120625-03.gif
*サイズを指定して名前を付けて保存すると、次回からは[ページサイズ]のリストから選択するだけになる。

 [リキッドページルール]ではいくつか選択肢があるが、まだ全部試していないのでわからない。「オフ」にすると代替するサイズにそのままレイアウトを貼り込む。iPhoneサイズからiPadサイズにすると、テキストボックスが小さいままiPadサイズのレイアウトに貼り込まれる。ページサイズに合わせてテキストを変倍したいときは「拡大・縮小」する。そうすると、代替レイアウトにあわせてオブジェクトが変倍される。

120625-04.gif

   ↓

120625-05.gif
*[リキッドページルール]で「オフ」を選択。そのままのレイアウトが貼り込まれる。ページサイズが大きく変わらないときは、変倍せずに貼り込むのが良さそう。


120625-06.gif

   ↓

120625-07.gif
*[リキッドページルール]で「拡大・縮小」を選択したiPadのレイアウトサイズ。ページサイズに合わせてオブジェクトは変倍される。iPhoneとiPadではアスペクト比が異なるので、長い方にあわせて変倍し中央でそろえている。この場合、左右は成り行きとなり白場になってしまう。背面の画像はマスターページで調整し、テキストはボックスサイズを変更して段落スタイルを変更した。実際のテキストサイズは異なるのに、同じ内容の段落スタイルが適用されている。

 「拡大・縮小」したときのテキストボックスの扱いが興味深い。代替先に作成されたテキストボックスにはリンクマークがついていてリンクされたテキストがあることがわかるが、テキストサイズの表示はそのままなのである。つまり代替元のiPhoneサイズから拡大したiPadレイアウトに貼り込んであるのに、テキストサイズは同じという扱いなのである。

 代替レイアウトを書き出すときにでテキストサイズを指定する方法はないかと思ったが、いまのところ見つけられなかった。またテキストボックスもほぼ成り行きで拡大・縮小される。ページサイズの一方向が収まるように変倍されるので、テキストサイズの指定は代替レイアウト作成時には指定できず、あとからページ上で行うしかなさそうだ。テキストには代替元の段落スタイルが割り当てられているので、手動での変更しか方法がなさそうだ。

 しかしそれにしても、代替レイアウトされたテキストボックスのテキストサイズは実寸法ではなく、代替元から相対的にサイズが表示されてしまうのは驚きだ。変倍率にあわせたテキストサイズの表示も変更してほしいものだ。リンクしないテキストボックスを作成すると、その場合は代替レイアウトサイズでテキストサイズが表示される。リンクテキストの場合、オリジナルの段落テキストがそのまま反映されてしまうようだ。段落スタイルが複製されてそのまま適用されるのは仕方がないが、テキスト表示はページサイズに換算して表示してほしいものである。

 


posted by jink0222 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign CS6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。