2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク1

レイアウトメニューの[目次]で目次をつくるとしおりになる

 InDesignでスクリーンブラウズ用にPDFを作成するときに、たいへん便利な機能は目次機能でしょう。段落設定を適用したテキストを、目次として並べる機能はそれほど珍しくはありませんが、そのままPDF書き出ししたとき、目次がそのままPDFの「しおり」になり、目次からもページリンクが設定されるのは一度使うと手放せない機能です。

  この機能を利用するには、まず最初に目次に反映させるテキストを段落設定スタイルに適用しなければなりません。段落スタイルを利用していないテキストは目次には反映できません。また、同じスタイルを使っていても、目次化しないテキストは別名の段落スタイルを適用するか、「段落スタイルなし」にします。つまり、目次専用の段落スタイルが必要になるわけです。

Indesign_PDF4-3-1.gif

 さて目次には階層があります。本書では「章タイトル」「トピック見出し」「大見出し」を目次にしています。ということは、目次を自動生成するには、「章」「トピック」「大見出し」専用の段落スタイルを作成しなければなりません。また当然ですが、リンクしたいページにテキストが置かれている必要があります。

 目次を作成するにはレイアウトメニューの[目次]を開きます。目次ダイアログでは[詳細設定」にします。[基本設定]では、ページ番号のコントロールもできません。

 まず、目次化する三つの段落スタイルを[段落スタイルを含む]に[<<追加]します。このとき追加する順で目次スタイルの位置がずれていきます。つまり、[レベル]が下がっていくのです。下がったレベルは、PDF化したときに[しおり]の下部階層となります。したがって、[段落スタイルを含む]では、PDFファイルの「しおり」の階層を想定して段落スタイルのレベルと位置を決める必要があります。

 目次スタイルとが決まったら、次に目次スタイルにどのような文字設定を行うのかを指定します。文字設定を直接することはできませんから、これも事前に段落スタイルを作成しておく必要があります。

 目次テキストの段落スタイルの指定は、[スタイル:]で行います。目次スタイルを選択して、[項目スタイル」に適用したい段落スタイルを指定します。また、[ページ番号]でその目次スタイルにページ番号を付けるかどうかを指定します。なお、ページ番号の文字設定は文字スタイルに登録したものを使います。

 これで目次の基本的な設定は終わりました。[OK]ボタンを押すと、目次化されたテキストが作成され、ポインタがテキスト配置アイコンに変わります。そのテキスト配置アイコンをテキストボックスに流し込むと、目次が作成されます。

 


タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。