2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本4-2 手動で作成するハイパーリンクの設定2

ページ共通のリンクはマスターページに設定する

 ハイパーリンクを一つ一つ付けるのは、手間がかかります。もし複数のページに同じハイパーリンクを付けるときは、マスターページ上で行います。マスターページにあるハイパーリンク設定は、PDF書き出ししたとき、正しくPDFに反映されます。たとえば全てのページに目次や索引へのリンクを付けたいときは、基本となるマスターページを一つにしておきます。つまり全てのマスターページが一つの親マスターページを基準ページとして選択していれば、すべてのページに一括してリンクを作成できます。

  ですから、すべてのページにあるリンク、同じ章のページから章の扉ページへのリンクなどは、マスターページの構成さえできていれば簡単に設定することができます。逆に言うと、InDesignでハイパーリンク設定を行うときは、ハイパーリンクにあわせてマスターページの設計を行う必要があります。

InDesign_PDF4-2-2.gif

 ブックファイルを作成して複数のInDesignドキュメントを一つにバインドするときは、たった一つの基準マスターから他のドキュメントのマスターページにハイパーリンクを適用することはできません。ブックファイルではドキュメントごとにマスターページ上でのハイパーリンクが必要です。

 また、InDesignのハイパーリンクはダイレクトにリンク先を指定するものなので、「前のページに戻る」や「次のページに進む」という相対的なリンクのはり方はできません。そういうリンクをはる場合は一つ一つ設定するしかありません。

 また、ハイパーリンク用のみのリンクボタンなど使うときは、プリント属性パレットを開き、画像やテキストボックスを選択して、[印刷しない]にチェックを適用しておきます。そうすると、PDF書き出し時の一般設定で[印刷しない物を書き出す]にチェックをしない限り書き出されることはありません。そして、ブラウズ用PDFを書き出す場合は、ここをチェックすることでリンクボタンなどを反映させるわけです。

 


タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。