2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本4-1 InDesignでするブラウズ用PDFの書き出しで必要なこととは2

スクリーンブラウズのためのPDF書き出しの設定

 スクリーンブラウズのためのPDF書き出しの設定では、基本的に[スクリーン]を使えばいいことになりますが、いくつかの点で注意することがあります。

  まず、一般設定では、[互換性]は必ずしも「Acrobat 4.0」である必要はありません。透明やドロップシャドウなどを使い、スクリーンブラウズをAcrobat 5.0以上に制限するのであれば、「Acrobat 5.0」で保存しても構いません。

 また、[オプション]では[印刷しない物を含めて書き出す]がオフになっていますが、リンクボタンなどのオブジェクトを設定しているときは、それらを「印刷しない」ようにして、ブラウズ用PDFの作成時にのみ書き出すという方法が効率です。

 また圧縮についても、解像度が「72」DPIに設定されていますが、スクリーンブラウズ兼プリンタ出力用に利用する場合や、画像の解像度を落としたくない場合は、ここで必要に応じて解像度を上げておきます。

indesign_PDF4-1-2.gif

 またトンボと断ち落としの設定でも[断ち落とし]が各「3mm」に設定されていますが、スクリーンブラウズ用であれば、ここの設定は「0」にしたほうがいいでしょう。

 セキュリティはInDesignで設定してもかまいませんが、Acrobatの[文書のプロパティ]で[開き方の設定]を行なうのであれば、InDesignはせずにPDF書き出しし、Acrobatで[開き方の設定]とセキュリティを行って保存します。

 


タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。