2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する3

OPIを利用する場合は[OPIを無視する]

 [OPI]はレイアウトソフトに低解像度画像を貼り込み、RIPで出力するとき、高解像度の実画像に差し替えて出力するやり方です。画像の多い大容量のデータを出力するときの方法として、レイアウト作業では低解像度を貼り込むのです。ただし、低解像度画像はOPIサーバで作成したOPIコメントを含む画像ファイルを使用しなければなりません。  InDesignのPDF書き出しでも、OPIに対応するようにこの設定があります。しかし、OPIを使うということは、書き出されたPDFの埋め込み画像は低解像度になります。出力用のみであれば、その方法でいいでしょうが、モニタ上でレイアウトを確認したい場合では、OPIは使わない方がいいでしょう。

 [OPIを無視]というのは、おそらく「OPIコメントをRIPに転送して、貼り込まれた低解像度画像は無視する」という意味でしょう。なお、 InDesign 2.0のユーザーガイドにはPDFファイルをOPI置換するOPIサーバソフトは確認されていない(P267)とありますので、OPIを使うとしても実質的にはEPSのみということになります。実際の運用については、OPIサーバソフトでの確認が必要でしょう。

PDF化するときは透明は分割して統合しておく

 InDesign 2.0から透明の機能が付きました。透明は、Acrobat 5.0でスクリーンブラウズするだけのPDFを作成するのであれば有効ですが、PDFを出力用に書き出すのであれば、透明は分割しておく必要があります。

 PDF書き出しではあらかじめ設定された[透明統合スタイル]を選択するだけでになっています。印刷用にPDF書き出しするときは、[プレス]のデフォルト値である「高解像度」を選択しておけば間違いありません。「高解像度」では、透明を含む部分で画像にしなければならないものは、「600ppi」で、グラデーションなどで透明を含むものは「300ppi」で画像化されます。

InDesign_PDF3-4-3.gif

 もし独自に透明統合スタイルを設定するのであれば、編集メニューの[透明部分の設定]を開き、[透明統合スタイル]で新しく設定を作成します。

 


タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。