2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する2

インキ管理で特色をCMYKに変換してPDFにする

 ドキュメントにDICカラーなどの特色を利用しているとき、出力ではCMYKに変換して出力することが少なくありません。RIPで変換できることもありますが、PDF化するときに変換しておく方が確実です。InDesignのPDF書き出しでは、ドキュメント中の特色をCMYKに変換してPDFを作成できます。

  特色はスウォッチパレットのオプションメニューから、新規カラースウォッチを選択して行います。カラースウォッチの[カラー形式]で「特色」を指定した設定はすべて特色扱いとなります。

 InDesignのPDF書き出しでは、[カラー]の[インキ管理]でドキュメント内の特色をCMYKに変換することができます。CMYKで分版出力するのであれば、PDF書き出しの前に[インキ管理]を開いて、不用意に特色のスウォッチを利用していないかどうか確認し、もし利用していれば、CMYKに変換しておきましょう。

InDesign_PDF3-4-2.gif



欧文フォントを「埋め込み」にするときは割合を低くする

 InDesignは埋め込み可能なフォントは全て埋め込みます。日本語フォントはすべて「埋め込みサブセット」で埋め込まれますが、欧文フォントは「埋め込みサブセット」以外に「埋め込み」という方法でフォントを埋め込むことができます。「埋め込み」というのは、フォントファイルをそのまま埋め込む方法です。

 デフォルトの「100%」では、欧文フォントは全て「埋め込みサブセット」になりますが、割合を下げていき、使用している欧文の文字の割合が、設定値のパーセンテージより低くなると、「埋め込み」になります。なお、「埋め込み」になるのは、PostScriptフォントのみで、TrueTypeは「埋め込みサブセット」になるようです。
PDFを出力用に使うのであれば、デフォルトのままで構いません。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。