2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本3-3 ページ数で変わるトンボと断ち落としの設定

単ページや見開きのまま出力するときはトンボを付ける

 InDesignでトンボを付けた状態でPDFを作成するケースは、単ページのドキュメントや見開きのみのドキュメントの場合です。A4やB4のリーフレットなどをInDesignで作成するのであれば、トンボを付けてPDF書き出しすることも有効です。トンボが付いていれば、そのまま分版して出力することができます。ただし、マルチページで面付けを必要とする場合は、トンボは付けません。

  InDesignでPDF書き出しのときのトンボは一種類しかありません。プリントアウトするときは、「丸付きセンタートンボ」「丸なしセンタートンボ」「西洋トンボ」の三種類がありますが、PDF書き出しでは「丸付きセンタートンボ」のみになります。

InDesign_PDF3-3-1.gif

 また、「断ちトンボ」のチェックをはずと、最終仕上がりのトンボが付きません。「仕上がりトンボ」のチェックを外すと、二重トンボの外側のトンボが付かなくなります。原則として、「断ちトンボ」「仕上がりトンボ」「センタートンボ」は必要です。「カラーバー」と「ページ情報」は必要に応じてチェックしましょう。

塗り足しの再現には断ち落としの設定が必要

 [断ち落とし(裁ち落とし)]の設定では、ドキュメントサイズから拡張するPDFサイズの決めます。塗り足しがあるドキュメントでは[断ち落とし]の設定が必要です。[断ち落とし]を拡張しておかないと、断裁時や製本時に白場が現れます。

 ここに入力する数値はデフォルトのまま、各「3 mm」の値が一般的です。もし、トンボを付けたままPDFを書き出すにしても、ここの設定をすべて「0 mm」にしていると、塗り足しは書き出したPDFに反映されません。また、「仕上がりトンボ」はブリードの設定値に対して付けられるので、すべて「0 mm」にすると、断ちトンボと仕上がりトンボは同じ位置に重なります。

InDesign_PDF3-3-2.gif

 またトンボを付けないPDFでは、ブリードで拡張した大きさでPDFで書き出されます。後述するように、InDesign上でPDFを割り付けるときは、デフォルトのまま断ち落としを各「3 mm」付けて書き出します。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。