2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本3-1 PDF書き出しの一般設定では「Acrobat 4.0」互換を選択する

PDF書き出しを行う前に[プリフライト]でチェックする

 InDesignから印刷用のPDFを作成するには、基本的にスタイルの[プレス]を選択して作成すればいいことになります。ほとんどの場合は、この設定のままで書き出せばいいでしょう。

  ただし、印刷用に書き出すには、貼り込んだ画像がCMYKモードであることや、解像度が足りているかどうかの確認が必要です。書き出す前に、[プリフライト]を開き、「フォント」と「リンクと画像」を確認します。

InDesign_PDF3-1-01.gif

 フォントは、InDesignで利用しているフォントであれば、パスが確認されていて、埋め込み可能なフォントであれば、PDF化したときに埋め込むことができます。OCFフォントは、PDFに埋め込みできませんが、InDesign上で指定したフォントであれば、埋め込まないままPDF化することができます。そして、プリンタフォントがあれば出力可能です。ただし、貼り込んだPDF内のOCFフォントは、作成方法によってはプリンタフォントが出力できないこともあるので注意が必要です(「1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか」参照)。

 「リンクと画像」では、リンクが正しく認識されていて、なおかつCMYKであることを確認します。RGB画像を貼り込んでいても、In RIP Separationの機能があるRIPでは、CMYKに変換することが可能なのですが、変換のコントロールは難しいことが多いので、[プリフライト]で確認して事前に変換しておきましょう。

InDesign_PDF3-1-02.gif

 ただし、InDesignの[プリフライト]では貼り込み画像の解像度までは調べることはできません。解像度は制作時に確認しながら行うか、専用のプリフライトソフトを利用しなければなりません。

互換性とオプションの設定

 印刷用に書き出す場合は、[互換性]で「Acrobat 4.0」を選択します。「Acrobat 4.0」を選択すると、透明効果に関する機能が分割されます。どのように分割するのかは、[詳細]で設定しますが、基本的に透明は分割してPDF化するようにします。

 「Acrobat 5.0」を選択すると、透明は分割されずにそのままPDF化されてしまいます。出力する高解像度のRIPが、PDFの透明効果に対応していて、適切に分割可能であれば、透明を含めてPDF化しても構いませんが、現実には透明に対応した高解像度RIPはほとんどなく、大半のRIPは透明の分割には対応できないと考えた方がいいでしょう。

 ですから、透明はInDesignで分割します。分割する場合は、ここで「Acrobat 4.0」を選択するのです。

 [オプション]では基本的に全ての項目にチェックを行う必要がありません。[プレス]のデフォルトでは「eBookタグを含む」にチェックが入っていますが、eBookはPDFのContent Serverで利用するときや、XMLで再利用するためなど、文章中の構造にタグを付けるときに必要となるタグなので、印刷時には必要ではありません。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。