2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本2-5 InDesignで書き出したPDFを貼り込むときのトリミングの方法

ブリードを含むPDFをInDesignに貼り込み[トリミング]する

 InDesignからPDF書き出ししたPDFを、もう一度InDesignに貼り込むとき、二種類のPDFに考えることができます。二種類というのは、トンボを付けたPDFとブリードを付けたPDFです。InDesignのトンボを認識するのか、ブリードを認識するのかが、どの「トリミング」設定なのかということがわかれば、InDesignのPDFは簡単に使い分けて貼り込むことができます。

  まず、ブリードを付けたPDFの振る舞いを見てみましょう。ブリードを認識する[トリミング]とドキュメントサイズを認識するサイズがあります。

 InDesignでブリードを付けてPDF書き出ししたPDFをInDesignに貼り込みます。[読み込みオプションを表示」すると、すべての[トリミング]がオンになります。このうち、ブリードサイズで表示するのは、「境界線ボックス」「トリミング」「断ち落とし」「メディア」の四つです。これらは、PDF書き出しで設定した天地左右3mmのブリードを正確に認識して貼り込みます。

 残る「アート」「トンボ」はブリードを含まないドキュメントサイズでPDFを貼り込みます。こちらも正確なドキュメントサイズで貼り込まれています。

InDesign_PDF2-5-1.gif

 ブリードを含むPDFでは、ブリードを含むか含まないかの二つの選択肢しかありません。いずれも正確なサイズで貼り込まれますので、扱いやすいPDFといえるでしょう。

トンボを含むPDFをInDesignに貼り込み[トリミング]する

 トンボを含むPDFでは、三種類の認識の違いがあります。トンボを含めて貼り込む方法と、ブリードサイズで貼り込む方法と、両方を無視してドキュメントサイズで貼リり込む方法です。

 トンボを含んで貼り込むときは、「境界線ボックス」か、「トリミング」か、「メディア」で貼り込みます。これらを選択して[トリミング]すると、トンボが認識されます。トンボを書き出しても、ブリードの設定をしていれば、ブリードサイズで貼り込む方法もあります。ブリードを認識する設定は「断ち落とし」です。これを選択すると、トンボのあるなしにかかわらず、ブリードが反映されてPDFが貼り込まれます。

 ドキュメントサイズで貼り込むには「アート」もしくは「トンボ」を選択します。この二つを選択すると、トンボやブリードが付け加えられていても、それらを無視してドキュメントサイズで貼り込みます。

InDesign_PDF2-5-2.gif

 InDesignから書き出したPDFをInDesignに貼り込むのは、たいへん扱いやすいといえます。貼り込んで認識するサイズも、すべての[トリミング]方法で正確になり、InDesignが書き出し時にPDFに付け加えたトンボやブリードの設定を認識します。InDesignにPDFを貼り込むときは、InDesignでPDF書きだししたものがもっとも適性が優れているといえるでしょう。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。