2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本2-3 Illustrator PDFを貼り込むときのトリミングの方法2

トンボを付けたIllustrator 10 PDFの貼り込み

 さてIllustratorでは一般にトリムマークを付けることが多いのですが、InDesignにPDFとして貼り込むときには、トンボを付けることも選択肢のひとつです。

  トンボを付けた場合、トンボそのものは認識されません。ですから「境界線ボックス」で貼り込むと、トンボを除いたオブジェクトだけが認識されます。

 「アート」で貼り込むと、トンボを作成したボックスの大きさで認識します。つまりA5のボックスでトンボを作成して「アート」で貼り込むと、ちょうど「A5サイズ」に貼り込まれるのです。塗り足しを含めたいときは、塗り足しを大きくしたボックスでトンボをつけPDF保存して貼り込むと、正確なサイズの PDFとして貼り込むことができます。

InDesign_PDF2-3-3.gif


 また「トリミング」や「メディア」で貼り込むと、用紙サイズで貼り込まれますが、この場合、Illustratorのトンボは認識されません。

Illustrator 9.0でもほぼ同じように貼り込まれる

PDFの貼り込みについては、Illustrator 10とIllustrator 9はほぼおなじように貼り込まれます。大きな違いはありません。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。