2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本2-2 Distillerで貼り込むときのトリミングの方法

DistillerのPDFは「境界線ボックス」と「メディア」が基本

 Acrobatで作成したPDFをInDesignに貼り込むとき、貼り込み方は三種類あります。Acrobatで作成するときはすべて一旦 PostScriptファイル化されていますので、いずれのアプリケーションから作成しても、InDesignのトリミング認識は同じものになります。

  Distillerで作成したPDFをInDesignに貼り込んでみましょう。ここではIllustratorでトリムマークを付け、用紙サイズを少し大きくしたPDFを貼り込みます。

 PDFを[読み込みオプションを表示]で貼り込むと、[トリミング]でアクティブになるのは、「アート」以外の項目です。ただし、「境界線ボックス」はトリムマークの位置でトリミングされて貼り込まれますが、それ以外の「トリミング」「トンボ」「断ち落とし」「メディア」は同じサイズで貼り込まれます。これらは用紙サイズでの貼り込みとなります。

InDesign_PDF2-2-1.gif

 「境界線ボックス」で貼り込んだとき、PDFはトリムマークも含んだ形で取り込みますが、このとき、Illustratorのオブジェクトより、天地と左右で「0.423mm」ずつ大きく取り込まれます。つまりオブジェクトそのものより、すこし大きめに認識するのです。

Acrobatでトリミングするとトリミングしたまま取り込まれる

 AcrobatではPDFのサイズをトリミングすることができます。トリミングはAcrobatの文書メニューの[ページのトリミング]で行います。たとえば、トリムマークのついたIllustratorからDistillerで作成したPDFを[ページのトリミング]でトリムマーク内のサイズにトリミングします。そうすると、InDesignにそのPDFを貼り込み、PDF配置のダイアログで[トリミング]を選択していると、トリミングされた状態で PDFがInDesignに取り込まれるのです。

 Acrobatの[ページのトリミング]のPDFサイズ、InDesignに貼り込んだときの変形パレットに表示される数値にはわずかですが違いがあります。これは、Acrobatのトリミングは100分1までの精度しか持ちませんが、InDesignでは1000分の1まで貼り込みファイルのサイズを認識するからです。そのため、貼り込まれたPDFのサイズはInDesignの方が正確に認識していると考えられます。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。