2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本2-1 PDFの貼り込み方は[読み込みオプション]で使い分ける

InDesignがPDFを認識するサイズにはいくつもの種類がある

 PDFがいままでのファイルフォーマットと異なるところは、PDFのサイズにいくつもの種類があることでしょう。一般のアプリケーションでは、モニタで確認したサイズがほぼそのままドキュメントサイズになりますが、PDFには複数のドキュメントサイズがあるのです。

  PDFはアプリケーションソフトからプリントするときに、プリント前のイメージをモニタで閲覧できるようにしたファイルフォーマットです。しかし、必ずしも、アプリケーションで指定したドキュメントサイズ一つに規定されることはありません。


 InDesignが取り込むPDFのサイズは大きくいって三種類あります。まず最初は用紙サイズです。用紙サイズはプリンタドライバがPostScriptファイルを書き出すときのサイズであり、アプリケーションが保存するときのドキュメントサイズです。

 また、PDF内のオブジェクトがあるエリアだけ認識する方法もあります。この場合は、PDFの四辺に白場があって、データが存在しないときは、その部分はカットして取り込みます。

 もう一つは、アプリケーションでトリミングされた情報を利用してPDFのサイズを指定したサイズで取り込む場合です。AcrobatのトリミングやInDesignのブリードサイズの指定はInDesignのPDF取り込みの際に認識可能なものです。

PDFのサイズはPDF配置の[トリミング]で使い分ける

 InDesignでPDFを取り込むには、ファイルメニューの[配置]で貼り込みます。配置するときに配置ダイアログで[読み込みオプションの表示]をチェックします。

 チェックすると、PDF配置のダイアログが現れます。[オプション]の[トリミング]を開くと、そのPDFで認識可能な貼り込みサイズが左側に表示されます。リストの中でアクティブにならないものは、そのPDFには[トリミング]の情報が含まれていないものです。

InDesign_PDF2-1-1.gif

 PDFを貼り込むときに注意しなければならないのは、PDFをどのトリミング方法で取り込むのか知っておかないと、正しい貼り込み方ができないということです。また、PDFの作成方法によって、つまりDistillerで作成したものか、Illustratorで保存したものか、InDesignで保存したものかによって、PDFのトリミングサイズは変わってきます。

 InDesignにPDFを貼り込むには、PDF作成方法によって異なるPDFトリミングの違いを理解した上でPDFを貼り込む必要があります。

 また、PDFはドラッグして貼り込むこともできますが、その場合はデフォルトでは「境界線ボックス」で貼り込みますが、前回に[読み込みオプションを表示]を利用していれば、その設定で貼り込むので注意が必要です。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。