2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本1-4 OpenTypeフォントもPDF書き出しで埋め込みできる2

フォントを埋め込まないPDFをデータ書き出しする

 OpenTypeを使いながら、フォントを埋め込まないPDFをInDesignに貼り込んだとき、InDesignのデータ書き出しではPDFを書き出すことができるでしょうか。ここでもIllustrator 9.0からフォントを含めないで保存したPDFと、Distillerでフォントを含めないで保存したPDFについて検証してみましょう。

  まず、Illustrator 9.0のPDFでは、アプリケーションサポートの小塚明朝 Pro-Lは外字が化けています。これをInDesignに貼り込んで[プリフライト]すると、ヒラギノ明朝W3は、システムフォルダ内にインストールされているにもかかわらず、[ステータス]が「無効」と表示されます。しかし、[フォントの検索]では、フォントのパスは正しく認識されていますので、[プリフライト]の機能ではヒラギノ明朝W3を認識できないだけでしょう。

 また、FOT-マティス Pro-MとA-OTFリュウミンPro R-KLは「PDFのみに埋め込めます」と表示されますが、プリントアウトは可能です。PDF内に指定したフォントのパスが確認できれば、 OpenTypeの字形で出力されます。ただし、小塚明朝 Pro-Lの化けてしまった外字は、化けたまま出力されます。

 Distillerで作成した場合は、外字が化けません。また、エンコーディングが維持されるのは、埋め込んでいる場合も同じです。

InDesign_PDF1-4-3.gif

 OpenTypeフォントでも、InDesignが該当するOpenTypeフォントを認識さえできれば、そのままプリントアウトしたり、データ書き出しでPDF化したりすることが可能になります。

 


タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。