2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか2

Distillerで埋め込まないOCFをInDesignに貼り込む

 もう一つのPDFのOCFフォントは、Distillerで保存したフォントです。DistillerでもOCFは埋め込まないまま扱うことができます。

  この DistillerのOCFをInDesignに貼り込むとどうなるでしょうか。本来なら、Illustrator 9.0で保存したPDFと同じ振る舞いをしてもいいはずですが、残念ながら、同じにはなりません。[プリフライト]や[フォントの検索]では同じダイアログになりますが、出力したり、データ書き出しでPDF化すると、文字がずれたりします。

 まず、DistillerでOCFを扱ったPDFをInDesignに貼り込み、そのままプリンタから出力します。そうすると、どういうわけか、B太ミンA101がプリンタにインストールされていない小塚明朝Pro-Rに差し変わってプリントされているのです。同じOCFのマティスPlus-Mはプリンタフォントを利用して出力されているのです。Microline803固有の問題かどうかはなんとも言えませんが、Distillerで作成したPDFを Acrobatから出力したときはB太ミンA101はプリンタフォントで出力されているのです。

 したがって、DistillerでPDF化したドキュメントの中にOCFを含めてInDesignに貼り込むとき、プリンタフォントから出力できるかどうかはテストした方がいいでしょう。

InDesign_PDF1-3-3.gif

 さらに、このPDFを貼り込んだInDesignからデータ書き出しでPDFを作成すると、文字送りの一部がずれたPDFが作成されます。そして Acrobatで開いて出力するときも、ずれたまま出力するのです。ですから、InDesign 2.0にPDFを貼り込むときは、OCFフォントは使わない方が賢明でしょう。

 
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。