2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか1

埋め込みできないOCFは差し替えられるか

 すでにフォントが埋め込まれているときはともかく、埋め込まれていないフォントや埋め込みできないフォントはどのように扱われるのでしょうか。そして、埋め込まれなくても、出力されるでしょうか。

  埋め込まれていないフォントには、埋め込み可能なフォーマットでも埋め込み許可されていないフォントがありますが、埋め込み許可されないフォントはPDFのままでは出力できません。出力できる可能性があるのは、埋め込みできないが、プリンタフォントがあってそれを利用して出力できる場合に限られます。

InDesign_PDF1-3-1.gif

 ここでは、プリンタフォントのあるOCFフォントの振る舞いをみていきましょう。OCFを利用したPDFをAcrobatで開くと、そのOCFフォントがフォントフォルダ内にあれば、表示メニューの[ローカルフォントを使用]をオンにしていると、Acrobatで表示されますが、あくまで、 AcrobatのOCFフォントの認識は仮のものであることを理解しておきましょう。基本的には、埋め込み可能なフォントを使うべきです。

 InDesignでPDFを扱うとき、OCFの扱いは制限されます。どのように制限されるのかを見ていきましょう

Illustrator 9.0のOCFをInDesignに貼り込む

 Illustrator 9.0で利用したOCFフォントを、PDF保存し、InDesignに貼り込んでみましょう。OCFフォントをPDFに含めてAcrobatでフォント情報を開くと、[種類]が「不明」になります。エンコーディングもローカルのエンコーディングがそのまま採用されています。

 これをInDesignに貼り込むと、OCFフォントとしてそのまま貼り込まれます。[プリフライト]を開くと、[形式]は「OCF」となっています。 OCFを出力するには、プリンタフォントが必要であるにもかかわらず、InDesignはOCFフォントをプリフライト上の問題だと認識しません。したがって、OCFを利用する場合は、プリフライトのフォントリストを確認しながら、使われているOCFフォントがプリンタフォントとしてインストールされているかどうか確認する必要があります。

 OCFのPDFを貼り込んだまま、プリンタフォントを使ってプリントしてしましょう。Illustrator 9.0で保存したPDFのOCFフォントは、InDesignからプリントするときは、プリンタフォントを利用して出力されました。B太ミンA101もマティスPlus-Mもレイアウトを維持したまま出力されています。

InDesign_PDF1-3-2.gif

 また、PDFにしたときはどうなるでしようか。この場合は、Illustrator 9.0で保存したPDFとフォント情報もレイアウトも維持されています。

 


posted by jink0222 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。