2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本1-1 フォントを埋め込んだPDFを貼り込むのが原則

埋め込まれたフォントは埋め込まれたままPDF化できる

 InDesignにPDFを貼り込むとき、フォントは埋め込むのが原則です。PDFに埋め込まれているフォントは、InDesignに貼り込んでも埋め込まれたまま扱われます。そのInDesignのドキュメントからもう一度データ書き出しでPDF化したとき、埋め込まれたフォントは埋め込まれたままになります。 Illustrator 9.0でフォントを保存したPDFも、Distillerでフォントを埋め込んだPDFも、InDesign 2.0で保存したPDFも、InDesignに貼り込んでPDF化したとき、フォントの埋め込み情報は維持されます。埋め込み許可されたフォントは、 PostScript CIDでもTrueTypeでも、埋め込まれていれば埋め込まれたまま扱われます。

 ですから、InDesignに貼り込むPDFにフォントを使っている場合は、フォントは埋め込んで利用するようにしましょう。Distillerでフォントを埋め込んだPDFをInDesignに貼り込んだときと、InDesign 2.0のデータ書き出しで保存したPDFは、レイアウトもフォント情報もそのまま維持されます。

InDesign_PDF1-1-1.gif

また、PDFに埋め込まれた書式メニューの[フォントの検索]では、[ドキュメントのフォント]には表示されないものがあります。PostScript CIDはリストされますが、TrueTypeはリストされません。PDF内の埋め込みフォントの確認は、ファイルメニューの[プリフライト]で行うのが間違いありません。 

Illustratorで保存したPDFはエンコーディングが変わる

 Illustratorで保存するPDFでは、CIDフォントを使うと、字体を切り換えることができます。切り換えた字形は再度PDFに書き出しても、そのまま字形は維持されます。InDesignに貼り込み、もう一度データ書き出ししてPDF化しても、レイアウトは変更されません。

 IllustratorはシフトJISでフォントにアクセスするので、埋め込みフォントのエンコーディングが、PostScript CIDでは「83pv」で、TrueTypeでは「90pv」で埋め込まれます。しかし、フォント名がエンコーディングを付け加えられたフォント名に差し変わり、エンコーディングが「Identity-H」変わっています。

 Distillerで作成したPDFは最初から「Identity-H」になっていますので、エンコーディングは変わりませんが、Illustratorで保存したものは、InDesignがPDFとして再保存するときに、埋め込み方を変更していることが考えられます。

 それでは、当該フォントがフォントフォルダにないときも同じようにエンコーディングは書き換えられ、フォントの埋め込みは維持されるのでしょうか。実際にPDFに埋め込まれているフォントのない環境からデータ書き出しでPDF保存しても、Acrobatで開いたときのフォント情報は、同じように変換されています。そして埋め込まれています。つまり、Illustrator PDFに埋め込まれたフォントは、フォント名とエンコーディングは変わってしまいますが、フォントの埋め込みは維持されるのです。

 また、Illustrator PDF内の埋め込みフォントも、[プリフライト]の機能で確認しましょう。Illustrator PDF内のフォントは、[フォントの検索]ではTrueTypeだけでなく、PostScript CIDも認識されません。

 なお、縦書きでもレイアウトは維持され、Illustrator 9.0で保存したものでも、外字も切り換え字体も再現されています。

 


posted by jink0222 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。