2011年09月27日

InDesign 2_PDF読本4-4 索引のハイパーリンクはAcrobatで処理する2

索引を作成するときに注意することとは

 索引を作成するときに注意しなければならないことは、目次を作成した後、索引を作成すると、目次のテキストが索引のテキストに差し変わってしまうことがあることです。これは[索引を置換]すると起こります。また逆に索引を作成してから[現在の目次を置換]すると索引が目次とすり替わってしまうようです。おそらく内部的にプログラムを流用している部分があって、正しくいかないのかもしれません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-4 索引のハイパーリンクはAcrobatで処理する1

[新規ページ参照]して索引を自動作成する

 InDesignでは単語を索引として登録しておけば、索引を自動生成できます。ただし残念ながら、現在のバージョンでは、索引の自動生成は可能でも、Acrobat上でリンクが動作しません。リンク設定は行われているのですが、リンク先の指定が正しくないようです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク3

目次にリストされる順番はテキストの位置で決まる

 一つのページに複数の目次テキストがあるとき、目次スタイルに反映する順番にはルールがあります。これがルール通りになっていないと、「トピック見出し」の上の行に「大見出し」が生成してしまうことになります。文字テキストの順番は、テキストボックスの位置で決まります。テキストボックスの一番左側にあるものから拾っていくのです。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク2

マスターページオブジェクトは目次にはならない

 目次を作成するのは、段落スタイルを使った設計ができていればそれほど難しくありません。といっても、いくつかの点で注意しなければならないことがあります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-3 目次機能で自動生成するしおりと目次からのページリンク1

レイアウトメニューの[目次]で目次をつくるとしおりになる

 InDesignでスクリーンブラウズ用にPDFを作成するときに、たいへん便利な機能は目次機能でしょう。段落設定を適用したテキストを、目次として並べる機能はそれほど珍しくはありませんが、そのままPDF書き出ししたとき、目次がそのままPDFの「しおり」になり、目次からもページリンクが設定されるのは一度使うと手放せない機能です。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-2 手動で作成するハイパーリンクの設定2

ページ共通のリンクはマスターページに設定する

 ハイパーリンクを一つ一つ付けるのは、手間がかかります。もし複数のページに同じハイパーリンクを付けるときは、マスターページ上で行います。マスターページにあるハイパーリンク設定は、PDF書き出ししたとき、正しくPDFに反映されます。たとえば全てのページに目次や索引へのリンクを付けたいときは、基本となるマスターページを一つにしておきます。つまり全てのマスターページが一つの親マスターページを基準ページとして選択していれば、すべてのページに一括してリンクを作成できます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-2 手動で作成するハイパーリンクの設定1

ハイパーリンクパレットではまず[新規ハイパーリンク先]を設定

 InDesignのハイパーリンクは、ハイパーリンクパレットで行います。ハイパーリンクすると、PDF書き出ししたときにPDFにリンクが設定されます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-1 InDesignでするブラウズ用PDFの書き出しで必要なこととは2

スクリーンブラウズのためのPDF書き出しの設定

 スクリーンブラウズのためのPDF書き出しの設定では、基本的に[スクリーン]を使えばいいことになりますが、いくつかの点で注意することがあります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本4-1 InDesignでするブラウズ用PDFの書き出しで必要なこととは1

ドキュメント上でしおりやリンクを付けてPDF化する

 InDesignでドキュメントを作成するメリットには、スクリーンブラウズ用のPDFの作成が容易だということががあります。ドキュメント上で、スクリーンブラウズに必要な設定を行えるのです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する3

OPIを利用する場合は[OPIを無視する]

 [OPI]はレイアウトソフトに低解像度画像を貼り込み、RIPで出力するとき、高解像度の実画像に差し替えて出力するやり方です。画像の多い大容量のデータを出力するときの方法として、レイアウト作業では低解像度を貼り込むのです。ただし、低解像度画像はOPIサーバで作成したOPIコメントを含む画像ファイルを使用しなければなりません。続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する2

インキ管理で特色をCMYKに変換してPDFにする

 ドキュメントにDICカラーなどの特色を利用しているとき、出力ではCMYKに変換して出力することが少なくありません。RIPで変換できることもありますが、PDF化するときに変換しておく方が確実です。InDesignのPDF書き出しでは、ドキュメント中の特色をCMYKに変換してPDFを作成できます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-4 詳細設定でカラーは変換せず透明は統合する1

カラーは変換せずCMYKのまま書き出す

 PDF書き出しで印刷用のカラーのコンポジットPDFを作成するには、まず、CMYKのデータはCMYKのままで書き出される必要があります。確実に CMYKの数値でPDF化するには、カラー設定をオフにすることです。カラー設定がオフになっていれば、CMYKのカラーが変更されることはありません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-3 ページ数で変わるトンボと断ち落としの設定

単ページや見開きのまま出力するときはトンボを付ける

 InDesignでトンボを付けた状態でPDFを作成するケースは、単ページのドキュメントや見開きのみのドキュメントの場合です。A4やB4のリーフレットなどをInDesignで作成するのであれば、トンボを付けてPDF書き出しすることも有効です。トンボが付いていれば、そのまま分版して出力することができます。ただし、マルチページで面付けを必要とする場合は、トンボは付けません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-2 印刷用のPDFでは圧縮はしない方がよい2

画像ボックスでマスクするときはフレームにクロップする

 最後にある「画像データをフレームにクロップ」というのは、画像ボックスのフレームでマスキングされた部分を切り抜いてPDFを作成するかどうかを決めるものです。ここをオンにすると、画像データのフレームの外にある画像は切り抜かれることになります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-2 印刷用のPDFでは圧縮はしない方がよい1]

「自動」で圧縮すると画像はJPEG圧縮される

 印刷用のデータは、基本的には圧縮しない方が確実です。圧縮せずにすむのであれば、圧縮しないに越したことはありません。といっても圧縮しなければ、膨大なファイルサイズになってしまうことがあるので、便宜上圧縮しているわけです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本3-1 PDF書き出しの一般設定では「Acrobat 4.0」互換を選択する

PDF書き出しを行う前に[プリフライト]でチェックする

 InDesignから印刷用のPDFを作成するには、基本的にスタイルの[プレス]を選択して作成すればいいことになります。ほとんどの場合は、この設定のままで書き出せばいいでしょう。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-5 InDesignで書き出したPDFを貼り込むときのトリミングの方法

ブリードを含むPDFをInDesignに貼り込み[トリミング]する

 InDesignからPDF書き出ししたPDFを、もう一度InDesignに貼り込むとき、二種類のPDFに考えることができます。二種類というのは、トンボを付けたPDFとブリードを付けたPDFです。InDesignのトンボを認識するのか、ブリードを認識するのかが、どの「トリミング」設定なのかということがわかれば、InDesignのPDFは簡単に使い分けて貼り込むことができます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-4 Illustrator 8のPDFを貼り込むときのトリミングの方法

Illustrator 8PDFを貼り込むときは「アート」は選択不可

 Illustrator 8のPDFをInDesignに貼り込むことはあまりないと思われます。Illustrator 8では日本語フォントを埋め込めませんし、OpenTypeフォントも利用できません。もしIllustrator 8のドキュメントをPDFにしてInDesignに貼り込むのであれば、Illustrator 9.0やIllustrator 10で開き、そこからPDF保存した方がいいかもしれません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-3 Illustrator PDFを貼り込むときのトリミングの方法2

トンボを付けたIllustrator 10 PDFの貼り込み

 さてIllustratorでは一般にトリムマークを付けることが多いのですが、InDesignにPDFとして貼り込むときには、トンボを付けることも選択肢のひとつです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-3 Illustrator PDFを貼り込むときのトリミングの方法1

トリムマークを付けたIllustrator 10 PDFの貼り込み

 DTPで利用するDistiller以外のPDFには、Illustratorで保存したPDFとInDesignで書き出したPDFがあります。ここではIllustratorのPDFを見ていきましょう。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-2 Distillerで貼り込むときのトリミングの方法

DistillerのPDFは「境界線ボックス」と「メディア」が基本

 Acrobatで作成したPDFをInDesignに貼り込むとき、貼り込み方は三種類あります。Acrobatで作成するときはすべて一旦 PostScriptファイル化されていますので、いずれのアプリケーションから作成しても、InDesignのトリミング認識は同じものになります。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本2-1 PDFの貼り込み方は[読み込みオプション]で使い分ける

InDesignがPDFを認識するサイズにはいくつもの種類がある

 PDFがいままでのファイルフォーマットと異なるところは、PDFのサイズにいくつもの種類があることでしょう。一般のアプリケーションでは、モニタで確認したサイズがほぼそのままドキュメントサイズになりますが、PDFには複数のドキュメントサイズがあるのです。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-4 OpenTypeフォントもPDF書き出しで埋め込みできる2

フォントを埋め込まないPDFをデータ書き出しする

 OpenTypeを使いながら、フォントを埋め込まないPDFをInDesignに貼り込んだとき、InDesignのデータ書き出しではPDFを書き出すことができるでしょうか。ここでもIllustrator 9.0からフォントを含めないで保存したPDFと、Distillerでフォントを含めないで保存したPDFについて検証してみましょう。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-4 OpenTypeフォントもPDF書き出しで埋め込みできる1

OpenTypeの種類と書き出し方の違い

 PDFで扱うフォントフォーマットには、OpenTypeフォントもあります。OpenTypeフォントは、ユニコードに対応し拡張された字形を持っていますが、Macintoshで利用するときは、ATM 4.6.2が必要となります。その場合は、フォントはOS固有のエンコーディングを持つフォントとして扱われることになります。したがって、OSやATM の制限の中でOpenTypeを利用する場合は、ほとんど価値がありません。OpenTypeの拡張された字形を使うのであれば、InDesign上で利用しなくてはなりません。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか2

Distillerで埋め込まないOCFをInDesignに貼り込む

 もう一つのPDFのOCFフォントは、Distillerで保存したフォントです。DistillerでもOCFは埋め込まないまま扱うことができます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-3 埋め込みできないOCFフォントはプリンタフォントから出力できるか1

埋め込みできないOCFは差し替えられるか

 すでにフォントが埋め込まれているときはともかく、埋め込まれていないフォントや埋め込みできないフォントはどのように扱われるのでしょうか。そして、埋め込まれなくても、出力されるでしょうか。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-2 埋め込まれないフォントもPDF化では再埋め込みされる2

Illustrator 9.0の埋め込まないPDFを貼り込む

 Illustrator 9.0では、PostScript CIDは「83pv」で、TrueTypeは「90pv」で書き出されるので、外字が文字化けするわけではありません。また字体切り換えの文字も再現されています。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-2 埋め込まれないフォントもPDF化では再埋め込みされる1

埋め込まれていないフォントはPDFで再埋め込みできる?

 InDesignにPDFを貼り込むとき、フォントを埋め込んでいないPDFがあったとします。たとえば、Illustrator 8.0で保存したPDFはフォントを埋め込むことができませんし、Illustrator 9.0や10.0でも、埋め込まない設定でPDFを保存することができます。

 続きはこちらからご覧下さい
タグ:InDesign,PDF
posted by jink0222 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






InDesign 2_PDF読本1-1 フォントを埋め込んだPDFを貼り込むのが原則

埋め込まれたフォントは埋め込まれたままPDF化できる

 InDesignにPDFを貼り込むとき、フォントは埋め込むのが原則です。PDFに埋め込まれているフォントは、InDesignに貼り込んでも埋め込まれたまま扱われます。そのInDesignのドキュメントからもう一度データ書き出しでPDF化したとき、埋め込まれたフォントは埋め込まれたままになります。続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign 2_PDF読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






2011年09月26日

CS2段落スタイル27 本文中に2行以上で注釈する[割注]

[割注設定]は、テキスト本文に括弧で追記するコメントです。一般的には小さな文字で2行で注釈を書き込みます。InDesignは段落スタイルで割注を指定できますが、もともと文字スタイルで指定するものなので、段落全体に指定してはいけません。

 続きはこちらからご覧下さい
posted by jink0222 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 段落スタイルリファレンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。